A10サイクロンSA+PLUS(プラス)の凄すぎな特徴まとめ記事一覧

ミントのように爽やかなデザインになったA10サイクロンSA+PLUS(プラス)TENGAやMEN’S MAXといった簡易型がオナホで人気を集めていますが、ただ簡易型というだけでなく、スタイリッシュが魅力である点は見逃せません。RENDSはR-1の開発と同時にA10サイクロンをこれまでのオナホと一線を画し、高級感と機能性を重視したデザインとしましたが、今回のA10サイクロンSA+PLUS(プラス)は...

どれだけデザイン性に優れていようと、本体に快感がなければただの筒です。時々、とんでもない美女とSEXしたら中はガバガバ、態度はマグロ、みたいな感じですね。外見がいいだけによけい腹立たしい思いになってしまうのですが、ここで思い出していただきたいのが前作、A10サイクロンのユーザーレビューです。高い評価点を与えながらも、いくつかの欠点を指摘していました。ユーザーは本当に厳しい指導者であると同時に優しい...

A10サイクロンには低回転域のトルク不足という欠点の他に、もうひとつウイークポイントがありました。それは静寂性。どのくらいの音量かというと、回転MAX状態で連続して作動させると電話の呼び出し音が続く感じです。ヘッドフォンをしてオカズのDVDの音量を大きくすれば全く問題ないし、よほど神経質な人でなければ快感が上回るので気にならないのですが、夜、家人が寝静まった頃にしか使えないという人には少々、難儀な...

A10サイクロンはインナーカップを採用することにより、メデューサヘッド、ローリングフェラやクリスタルなどに交換が可能で、違った新次元の感覚でA10神経をおおいに刺激しました。しかしスペーサーが別売りであるように底が浅いため、ペニス全体を包み込むのではなく亀頭とカリを刺激するに留まっています。そこでペニス全体への快感をリアルに与えることを目的に開発されたのがA10ピストン。こちらもインナーカップ仕様...

では、そろそろ実際にA10サイクロンSA+PLUS(プラス)を使ってみましょう。ボディ本体はグリップ部分を設けているので握りやすいのですが、やはり全長29.5cmはかなりの大型オナホです。しかしホワイトボディの表面を彩るエメラルドブルーがワイングラスのようなデザインになっており、全体をコンパクトに見せる効果を上げています。この細かなデザインもこれまでのオナホには見られない家電的クオリティといえます...

A10サイクロンSA+PLUS(プラス)は、最新の近距離通信規格BLEを搭載しています。スマホの専用アプリで遠隔操作が可能になっています。「VORZEコントローラー」で検索すると出てきますよ。app storeVORZEコントローラーgoogle playVORZEコントローラーBLEって何?BLEとはBluetooth Low Energyの頭文字を取った省略語ですね。訳せば低消費電力で動くBl...