A10サイクロンSAの特徴まとめ

A10サイクロンSAの凄すぎな特徴まとめ記事一覧

【A10サイクロンSA】秀逸なデザインはもはや家電域にまで踏み込んだ!

ミントのように爽やかなデザインTENGAやMEN’S MAXといった簡易型がオナホで人気を集めていますが、ただ簡易型というだけでなく、スタイリッシュが魅力である点は見逃せません。RENDSはR-1の開発と同時にA10サイクロンをこれまでのオナホと一線を画し、高級感と機能性を重視したデザインとしました...

≫続きを読む

 

A10サイクロンSAは低回転域トルクを強化!

A10サイクロンの欠点を克服どれだけデザイン性に優れていようと、本体に快感がなければただの筒です。時々、とんでもない美女とSEXしたら中はガバガバ、態度はマグロ、みたいな感じですね。外見がいいだけによけい腹立たしい思いになってしまうのですが、ここで思い出していただきたいのが前作、A10サイクロンのユ...

≫続きを読む

 

A10サイクロンSAは音がうるさくない…その秘密とは?

ユーザーレビューに多く上がった騒音の問題A10サイクロンには低回転域のトルク不足という欠点の他に、もうひとつウイークポイントがありました。それは静寂性。どのくらいの音量かというと、回転MAX状態で連続して作動させると電話の呼び出し音が続く感じです。ヘッドフォンをしてオカズのDVDの音量を大きくすれば...

≫続きを読む

 

インナーカップを進化させたA10サイクロンSA

ハンディオナホと変わらぬモチモチ感A10サイクロンはインナーカップを採用することにより、メデューサヘッド、ローリングフェラやクリスタルなどに交換が可能で、違った新次元の感覚でA10神経をおおいに刺激しました。しかしスペーサーが別売りであるように底が浅いため、ペニス全体を包み込むのではなく亀頭とカリを...

≫続きを読む

 

A10サイクロンSAのインナーホールは繰り返し使える?

気分を阻害しないスイッチ類のインターフェースでは、そろそろ実際にA10サイクロンSAを使ってみましょう。ボディ本体はグリップ部分を設けているので握りやすいのですが、やはり全長29.5cmはかなりの大型オナホです。しかしホワイトボディの表面を彩るエメラルドブルーがワイングラスのようなデザインになってお...

≫続きを読む

 

【A10サイクロンSA】あらゆる動画とシンクロが可能になった新機能

ソフトの数は無限大本体の稼動だけでもスグレモノのA10サイクロンSAですが、じつはこれだけに留まらないのがRENDSのスゴイところ。とんでもない隠し球が用意されているんですね。その隠し球とは動画とシンクロさせて本体を稼動できる機能を持っていることです。それって今までにもあったじゃん?とがっかりしてい...

≫続きを読む

 

A10サイクロンSAの無線通信ってどんなの?

最新の近距離通信規格BLEを搭載普通、隠し球というと1球しかないものですが、A10サイクロンSAにはもう1球、とんでもない隠し球が用意されていました。といっても、これは本当の隠し球で、現在、すぐに活用できるものではなく近い生来を見据えての機能です。その隠し球とはBLEを搭載していること。といってもB...

≫続きを読む

 

A10サイクロンSA!やっぱり欲しい別売りの専用インナーホール

A10サイクロンSAはスタンドアローンの名称の通り、単体で使えますからA10サイクロンのようにR-1スターターセットを別に購入しなければ使えない、というアタッチメント的要素はありません(R-1は逆にアタッチメント的要素を楽しむ商品です)。箱から出せばすぐに使えるわけですね。もちろんR-1スターターセ...

≫続きを読む

 

A10サイクロンSAの独占予約先行販売はNLSだけ

マスコミの評判も上々A10サイクロンSA、2014年2月にディファ有明で開催された「PINK TOKYO2014」で華々しくデビューしました。このイベント、アダルト業界の地位向上のために開催されており、AV男優のトークショーや女性のための情報コーナーなど男性だけでなく女性も楽しめる企画を用意している...

≫続きを読む

 
 
A10サイクロンSAの感想&体験レポート A10サイクロンSAの動画まとめ A10サイクロンSAの特徴